業者のオプションサービスを利用する

荷物一時預かりのオプション

狭い一人暮らしのマンションに住んでいても、トランクルームにオフシーズンの衣類や寝具、普段使わない物などを預けておけるので、荷物の少ない暮らしが可能です。
トランクルームと年間契約を結んでおいたら、一部屋倉庫があるという感じで、何でも自由にそこから出し入れできます。
クリーニング店でも以前から、季節が終わった衣類については1年間保管するというサービスが行われています。
実は引越し業者でも、オプションプランとして荷物の一時預かりというのをしているところがあります。
ただこちらはトランクルームではないので、引越しの全日程が完了したら預け続けるわけにはいきません。
見積もりを取る時に、引越し荷物の一時預かりのオプションの有無を尋ねておくことをお勧めします。
例えば退去する家と入居する家とのタイミングがうまく折り合わず、入居可能日より早く退去が必要になった場合などは、引越し業者が運搬作業の途中で、自社倉庫で梱包された荷物をそのまま置いてくれるというわけです。
一畳スペース分の荷物だと相場は1万円少々と言われています。
トランクルームの月額の半分ほどで済みます。
もちろん、引越料金が二日分取られるということもありません。

近頃良く聞く引越しについての話はここのホームページで情報収集しましょう。。

Copyright (C)2017業者のオプションサービスを利用する.All rights reserved.